美しく華やかなカラードレス!そんなカラードレスのレンタルを初心者にも分かりやすく解説

カラードレスは、パーティに着ると華やかさを演じられるので、初心者の方はレンタルをおすすめします。
ドレスの種類も沢山ありますので、写真を見るだけで決断はせずに店舗に行って試着をさせてもらうことがとても大切です。
普段は着る機会がないドレスなので、似合うかどうかわかりません。
ドレスを購入すると高額になりますので、なかなか手がでないのが正直なところです。
必要な時に利用することで美しさを引き出すことができるのです。

美しく華やかなカラードレス!そんなカラードレスのレンタルを初心者にも分かりやすく解説

カラードレスを着てパーティなどに着ていきたい方もいます。
カラードレスをレンタルするのが初心者の方には熟読してもらいたいです。
ドレスをレンタルする時には、写真を見るだけで決めるのではなく、実際に試着させてもらうことが大事です。
ドレスの種類もいろいろありますので、似合うかどうかは着てみないとわからない事もあります。
ドレスをレンタルをするのが、初めての方は特に流れて的なことを把握できてない事ありますので、 カラードレスは、購入するとかなり高額になりますので、必要な時に利用すると美しさを引き出すことができます。

カラードレスをレンタルするときの一般的な流れ

カラードレスとは、披露宴のお色直しや二次会で花嫁が着る色の付いたドレスのことです。
一般的にウエディングドレスが純白である事に対して白以外の色が使われます。
そんなカラードレスも、最近ではレンタルで済ませるのが主流になっています。
一般的には結婚が決まり、式場を決めるのとほぼ同時にドレスの手配をする事が多いです。
流れとしては式の半年くらい前にはドレス選びをし、三ヶ月くらい前には決定します。
お色直しの回数が多ければそれだけ借りるドレスの着数も変わるので、式のプランが決まった時点で選び始めると良いでしょう。
お目当てのブランドやデザインのドレスがあるなら、それを取り扱っているお店に事前相談も必要です。
式場でドレスまで一括して取り扱ってくれる場合もありますが、いずれにしてもまずは相談と打ち合わせ、そして実際に店舗にて試着し、その際に使用するアクセサリーや小物も決めます。
また、試着は式本番までに2、3回は行います。
これはサイズが変わってしまった場合に調整する為です。
レンタルの本契約はその間に取り交わすことがほとんどですがお店によっても違いますので、先に確認しておくことも大切です。
同時に、ドレスの受取りや返却方法についても必ずチェックしておきましょう。

カラードレスの平均的なレンタル料

昨今だと、いろんなパーティーを開催する会社も多くなり、参加をなさる方も多い傾向です。
一般的には華やかな社交場となるため、必ず正装をして行かないといけません。
女性ならスーツではなく、着物かドレスが無難なところでとてもその場に相応しい装いです。
カラードレスなら華やかさをアップさせることもできるので、進んで手に入れたいところです。
簡単にレンタルサービスを活用する、カラードレスの概要を解説していきましょう。
まずカラードレスのレンタル料金は、一日当たり約2000円ほどです。
非常にお安い価格ですが、カラードレスはウエディングドレスとは違って安価な製品であるのが理由。
そして半日からでも借り受けることができ、この場合も1000円程度です。
なお、なかには高級なブランドのドレスもあるため、あくまでも平均料金がこれになります。
クリーニングをする必要もないので、買うよりも断然活用しやすいものといえるのがメリットです。

カラードレスのレンタルはオンラインでも可能

結婚式では純白のウェディングドレスを選ぶ人が多くなっていますが、挙式ではお色直しをすることも多く、他の衣装も用用意したいと考えている人もいるのではないでしょうか。
着物を選ぶこともできますが、和装を好まない人もいます。
そのような場合は、カラードレスもお勧めです。
カラードレスはピンクやブルーなど色も実に豊富で、ウェディングドレスとは違う可愛らしさや華やかさをプラスすることができます。
アルバムもより華やかになる効果も期待できます。
こうしたドレスはレンタルで用意することが一般的です。
実際にお店に足を運びじっくりと比較してみることもおすすめです。
近くには良いお店がないという場合もオンラインレンタルなら、自宅にいながらにして人気ブランドのドレスを選べるのでとても便利です。
オンラインサービスでは、試着ができないのでサイズもしっかりと確認しておきましょう。
特に海外製のドレスはサイズが大きめのものも多いので注意が必要です。
もしも、サイズが合わない場合はスムーズに交換できるかどうかも確かめておきましょう。

カラードレスのレンタルは小物も借りられる

美しくて可愛らしいカラードレスを良いと思えたお店でレンタルした場合、それ以外に必要な小物類も同時に借りることができるのでぜひ利用してみましょう。
カラードレスと一緒にレンタルできる主な小物類の種類に関しては、靴や顔を覆うために使用するベール、ネックレスや手袋にティアラなども借りられます。
特にベールに関してはほとんどの方が必要としているため、カラードレスの色味にあったものを選択して利用してみてください。
ただし、これらのものは全て別料金が発生してしまいます。
時々ドレスの料金と込みで利用できるお得なお店も存在していますが、ほとんどの場合は別として料金が発生してしまうので気を付けるようにしましょう。
おすすめできるものとしては、付けるだけでゴージャス感を演出することができるティアラです。
サイズはデザインの豊富さにも定評がある素晴らしいティアラを豊富に取り揃えているので、好みを見つけてぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

カラードレスのレンタルでおすすめのブランド

カラードレスのレンタルでおすすめのブランドといえば、ディオールやセリーヌなどの高級ブランドからルル・フェリーチェやメリーマリーといった結婚式向けのウェディングドレスを得意とするものが挙げられます。
もちろん結婚式場や関連式典、観光地などでも記念としてカラードレスを提供しているところもありますが、料金や期間などをきちんとしていきたいということであればインターネットでの予約注文もおすすめです。
イメージとしては成人式で振袖をレンタルする感じに似ていて、ヘアースタイルを美容室などでセットしてもらうことを想定しているなら提携企業でまとめて登録も可能なサービスもあります。
ドレスも含めた色々なものを着こなしたい、という要望であれば定期的に衣類を借りることができるサブスクリプションサービスもおすすめと言えるでしょう。
期間によってもいくつかサービスに違いがあって、それに応じて種類も異なるので色々比較するとメリットが上がります。

カラードレスのレンタルなら保管やお手入れの手間が不要

結婚式で自分の好みのデザインや、カラーのドレスを身につけたいと考えている方に人気が高まっているのがカラードレスです。
特に結婚式ではお色直しで着用することが多く、純白のウエディングドレスとは違った華やかさやおしゃれさをふんだんに取り入れることができるので、結婚する2人にとって満足度の高い式にすることができます。
そんなカラードレスは、一般的にレンタルサービスを利用することが主流となっており、純白のウェディングドレスと一緒に借りるという方法が多いです。
貸し出しサービスを利用する最大の魅力は、購入するよりもコストを抑えることができるだけではなく、着用した後はそのまま借りているショップに返却をするだけで完了するので、面倒なクリーニングや保管をする必要が一切ありません。
また借りる際にドレスを汚してしまった場合の補償にも入ることになるので、万が一汚したり破損してしまった場合も追加の費用が発生しにくいので安心です。

カラードレスを着回す場合はレンタルよりも購入の方がお得なこともある

華やかなパーティー会場に足を運ぶ時、何を着ようかと頭を悩ませる人は結構多いです。
会場の雰囲気に合わせて衣装を選ばなければなりませんし、なるべくメインの人を引き立たせるような出で立ちにすると良いかもしれません。
そのためにはオシャレなカラードレスを選び、その場を一層盛り上げるのに活用すると良いのではないでしょうか。
カラードレスという服装はそれなりに値段がかかってしまうので、多くの人はレンタルで済ませようとするかもしれません。
しかしもし結婚式や各種記念パーティーのようなイベントに参加する機会が多いのなら、むしろ購入するほうがお得なケースも多いです。
レンタルだと借りるたびにいちいち手続きをしなければなりませんし、着用し終わったら返しに行くか配送する必要が出てきてすごく面倒です。
ですが購入するのならこのような手間がかかりませんし、自宅に保管しておけばイベントごとにいつでも着ることが可能です。
余計な手間をかけたくないなら、カラードレスは買って自宅に置いておくのが便利です。

カラードレスのレンタルではドレスの状態に当たり外れがある

披露宴や挙式に呼ばれた際、女性なら必ずカラードレスを身にまとわないといけません。
日本人だけでなく世界共通の正装であるため、どなたでも一度は着たことがあるものです。
以前は買うのがあたりまえでしたが、現在では気軽に貸衣装店でレンタルをすることが可能です。
しかし、必ずしもいい品を手にしたという方は少なく、とくにカラードレスは当たりはずれが多い状態の品がめだつものとなります。
どうしてレンタルだと、そのような状態になるのでしょうか。
理由は活用する店舗の目利きが悪いからです。
経営者が高齢の場合、特にはずれを引きやすい可能性があるので注意をしなくてはいけません。
なぜならば、流行に疎いからです。
カラードレスは毎年のように流行りがあるので、しっかりとそれをチェックしている店主を見つけないといけません。
確実なのは現行のサービスを実施しているところであり、ネットサービスを多用されているところならまず当たりを引けます。

カラードレスのレンタルの補償内容を確認

カラードレスをレンタルで借りた場合にはマナーとしても丁寧に取り扱うことが大切ですが、どんなに気を付けても何らかのトラブルに見舞われる可能性もあります。
そんな時でも補償付きのサービスならば、万が一の事態でも安心です。
トラブルとして考えられるのが、食べ物や飲み物を零してしまったり、悪天候の日に泥が付いてしまうなどして汚れてしまうケースのほか、どこかに引っ掛けたり転ぶなどして破損してしまうケースです。
カラードレスのレンタルで料金に保険料が含まれている場合にはそれらのトラブルが発生した場合でも、本来は弁償が必要なケースであっても支払いが割引になる、あるいは無料になるなどのサービスが付いていることがあります。
逆にそれらのサービスが無い場合には全額弁償というケースも考えられることから、取り扱いはより慎重にしなければなりません。
これらを踏まえてカラードレスを借りるなら事前に補償内容をしっかりと確認しておきたいところです。

未成年でもカラードレスをレンタルできる?

昨今ではパーティーなどに呼ばれるという方も多くなっているものです。
おうち時間を満喫するうえで、ホームパーティーを開催する方が多くなっており、その際は正装をして参加をしなくてはいけません。
まず購入するのはコストがかかるので、必要なときにレンタルをするのが理想的です。
ここでひとつ疑問が浮かびますが、カラードレスは未成年でも借り受けることができるのでしょうか。
結論からいえば可能です。
カラードレスのなかには未成年用の品もあり、しっかりと利用料金をおさめればレンタルをすることができます。
以前は店舗にいって自分で受け取るのが一般的でしたが、現在ではオンラインによる宅配サービスもあるので、自宅でパソコンやスマートフォンを操作しながら欲しい品を見繕うことも可能。
そして保護者の同意も必要となるため、親子で画面を見て申し込みをすることです。
1日単位から活用をすることができ、カラードレスは買うよりもお安く手に入れられます。

カラードレスのレンタルに向いている人とは?

結婚式のお色直しやパーティーなどで着用するカラードレスは、レンタルすべきか購入すべきかで悩んでしまう女性は少なくありません。
しかしボリュームの多いカラードレスとなると、特別な時以外は着用する機会も限られてしまうので少しでもコストを抑えてお気に入りのデザインのものを選ぶためにも、貸し出しサービスを利用したいという方が増えてきています。
カラードレスのレンタルに向いている人のタイプとしては、国内ブランドに限らず海外のインポートドレスなど幅広い選択肢の中から費用を抑えておしゃれなドレスを選びたいという方が多いです。
また購入するとなると、着用した後にクリーニングや適切な保管が必須となりますが、ドレスを借りることによって着用後は面倒なクリーニングの手配を自分で行う必要がありませんし、自宅に保管する場所を確保する必要がないので、こういった面倒なお手入れなどから開放されたいという方にもおすすめのサービスとなっています。

カラードレスのレンタルは年配の人にも人気

最近はホテルなどで豪華なパーティーを開催される機会が多くなり、どなたでも一度は参加をされているものです。
とくに中高年の間ではその機会が頻繁にあるため、少しおめかしをしたドレスが欲しいとい方も少なくありません。
最近は中高年のあいだで、カラードレスが人気となっています。
すでに色んな貸衣装店でドレスレンタルを実施しており、年配向けの製品も多数用意をしているほどです。
簡単にどんなカラードレスが年配に人気かを、ここで見ていきます。
もっとも多数に支持をされているのが、黄色のひざ下丈のものです。
明るいビタミンカラーで、身に付けるとテンションが上がるとさえいわれているほど。
その次は純白のロングカラードレスです。
結婚式を思い出す、シンプルだけど華やかだというのが理由で借り受ける方が多い傾向となります。
カラードレスはレンタルでも一日5000円程度ととてもお安いコストなので、思い切って数着まとめてかりるのもおすすめです。

カラードレスのレンタルサービスはいつから始まった?

カラードレスというものを、ご存じでしょうか。
今では結婚式からディナーショー・成人式などでも、愛用をされている女性が多くなりました。
簡単に言えばカラフルなドレスのことを指して折り、日本や中国・韓国の女性の間で人気を得ています。
国内におけるカラードレスのレンタルの歴史を、ここで簡単にご紹介をします。
1960年頃にはじめて東京のブライダルサロンで実行されるようになり、20代の方々の間で話題となりました。
この年からアメリカ式の教会式結婚が流行りだし、現在まで支持をされています。
カラードレスは当初は挙式に列席をなさる親族などが見に付ける品でした。
とても愛らしい姿をしていたため、次第に披露宴のお色直しで新婦が身に付けるように変遷を遂げたわけです。
現在では和装が人気を博しているため、さほど披露宴では目にできなくなっています。
かわりに社交場で着る正装というスタイルで、カラードレスが活用されるようになりました。

日本のカラードレスレンタルの特色

ウェディングドレスで人気を集めているのが、便利で手軽なカラードレスレンタルです。
様々なカラードレスを選べるため、好みに合わせられるのが特色となっており、特に披露宴のお色直し後の衣装として魅力があります。
最初は白いウェディングドレスを身にまとい、次に思い思いのカラードレスを身にまとうことで、華やかなシーンを盛り上げるのにうってつけです。
また最近では挙式で選ぶ方も増えつつあります。
まだまだ珍しいですが、華やかな色をしたウェディングドレス人することで個性的なスタイルにしたい方も増えてきました。
気になる色合いは多彩になっており、情熱的なクリムゾンレッドや2人の成長を良きさせるグリーン、純白を基調に花がらをあしらうといった様々なスタイルを用意しています。
ドレスのスタイルは女性の美しさを引き立てるAラインに加えて胸元を強調するスレンダー、プリンセスもあるため好みに合わせられます。
特色あるカラードレスのレンタルは、人生の門出を祝うのに最適なサービスと言えるでしょう。

カラードレスのレンタルで定番のドレスの色と選び方

カラードレスをレンタルで利用するときには、ドレスの色選びに迷う人もいるのではないでしょうか。品揃えは店によって異なりますが、定番となっている人気の色は共通していることが多く、例えばピンクのカラードレスはその1つです。この色は女性らしい印象の演出に役立ち淡いものは柔らかく優しい雰囲気、濃いものはビビッドで目を引きます。青は爽やかで清楚な印象を与えるカラードレスで、あまり甘い印象のドレスを好まない人にも向きます。特に夏季の結婚式に着ると爽やかで涼しげなのでおすすめです。黄色は元気で陽気なイメージの演出に使えるというメリットがあります。可愛らしくカジュアルな印象になるので、フォーマル過ぎないパーティにも向いています。紫は気品がある大人の雰囲気のカラードレスを選びたいときに向いていて、エレガントで洗練されたイメージにしたいときにおすすめの定番色です。赤のドレスはも大人っぽくエレガントですが、より情熱的な印象を与えます。

エレガントなカラードレスをレンタルして目立とう

世の中には出会いを求める女性が多くいて、各種パーティーに定期的に参加している人も多いのではないでしょうか。職場や学校には目当ての男性がいなかったとしても、こういった場ではたくさんの出会いがあるのでおすすめです。そのままお付き合いをして結婚をし、子供が生まれて幸せな家庭を築けるチャンスかもしれません。 だからこそ周囲の男性の気を引くために、できるだけ目立つ格好をする必要があります。そのためにはエレガントでセンスの良いカラードレスをレンタルし、当日着用して是非現地に足を運びましょう。カラードレスをレンタルしてくれるお店は近隣を探せば数カ所は見つかるので、事前に予約を入れておくと当日スムーズに借りることができます。 目当てのカラードレスはその日に店舗で試着してから決めても良いですが、事前に希望の品があるかどうかを電話やメールなどで確認しておくとより確実です。しっかりとメイクをしてアクセサリーを身に付け、是非最高の一着を身にまとってみてください。

カラードレスをレンタルする際は各種システムの確認を

結婚式や披露宴、合同コンパに婚活パーティーなど、女性が参加したいと願うイベントが巷に溢れています。こういったイベントが好きな女性はとても多いですし、多くの出会いがあるかもしれません。できるだけ積極的に参加することで人脈も広がりますし、都合が良ければできるだけ参加すべきです。 このようなイベントの際は必ずオシャレをしないといけませんが、おすすめはカラードレスです。カラードレスで目立てば周囲からの視線を引き付けますし、多くの異性から声をかけられるかもしれません。センスの良いカラードレスを着用し、是非参加してみてください。 ただしカラードレスを購入するにはある程度のお金が必要になるため、節約のためにも是非レンタルで済ませると良いです。ドレスのレンタルを受け付けているお店は近隣を探せばいくつか見つかるので、まずはパソコンやスマートフォンで検索をかけましょう。ちなみにカラードレスをレンタルする際は支払い方法やレンタルの手続きなどがそれぞれ違う場合があるので、事前に各種システムの確認をしておいてください。

品揃えの豊富なお店でカラードレスのレンタルを

世の中の女性は様々なイベントへ定期的に参加することがあるので、着て行く衣装にも相当気を使うはずです。メイクやアクセサリーの着用とともに、最高の服装を用意したいのではないでしょうか。そのためにはオシャレなカラードレスを着用し、是非現地へ足を運びましょう。 ただしカラードレスを購入するにはそれなりのお金がかかりますし、あまり着る機会がない衣装にそれほどお金をかけたくないという人も少なくありません。そのような場合には品揃えの豊富なお店を探し、そこでカラードレスのレンタルを行うことをおすすめします。必要な時だけ借りれば済むだけですし、購入するよりも遥かに安く費用を抑えられるので、家計的にも安心です。 こういった店舗はお住まいの地域内で探せばいくつか見つかるはずなので、パソコンやスマートフォンを使って絞り込んで検索をしてみてください。ドレスの種類やレンタル費用、借りる時の手続きの仕方や支払い方法なども様々なので、自分たちの都合に合わせて決めると良いです。

レンタルカラードレスの試着で気を付けること

カラードレスとは花嫁が結婚式の披露宴のお色直しや二次会などで着用する色のついたドレスのことです。一般的にウエディングドレスは白が選ばれることが多く、災いなどを遠ざけ「あなた色に染まる」という意味合いがあります。それに対してカラードレスは「あなた色に染まった」という意味合いがあり、それぞれの色にもテーマがあるというところがポイントです。例えばピンクには優しさや幸福、グリーンにはナチュラルさや希望といったような意味があり、二人の結婚を象徴する色のカラードレスが選ばれます。カラードレスを選ぶ際、まずは式全体のイメージに合わせて選ぶことが大切です。華やかにしたいのかエレガントにしたいのか、方向性を選ぶだけでも大分絞られます。またレンタルする際の試着では自分の肌色やスタイルに合っているかといった見た目の面や、動きやすさなどの機能面のチェックもしておきましょう。着慣れないドレスを長時間着るので、着やすさといった面も大切な要素です。

に関する情報サイト
カラードレスのレンタルについて解説します

カラードレスは、パーティに着ると華やかさを演じられるので、初心者の方はレンタルをおすすめします。 ドレスの種類も沢山ありますので、写真を見るだけで決断はせずに店舗に行って試着をさせてもらうことがとても大切です。普段は着る機会がないドレスなので、似合うかどうかわかりません。 ドレスを購入すると高額になりますので、なかなか手がでないのが正直なところです。必要な時に利用することで美しさを引き出すことができるのです。

Search